腹式呼吸がぽっこりお腹に効果的な理由はなぜ?

世の中にはぽっこりお腹に困っている人がたくさんいます。

ぽっこりお腹だとだらしない印象を与えてしまうし、見た目にも良くありませんよね。。。

 

でも、実はそんなぽっこりお腹を腹式呼吸で改善することができるのです。

インナーマッスル

なぜ腹式呼吸がぽっこりお腹に効果的かと言うと、インナーマッスルを鍛えることができるからです。

腹筋など通常の筋トレで鍛えられる筋肉というのは表層筋という文字通り体の表面にある筋肉で、体を動かすときに働く筋肉です。

一方、腹式呼吸で鍛えられるインナーマッスルは深層筋と言い、表層筋のさらに奥にあります。

そしてこの深層筋をしっかりと鍛えることで、体のバランスを安定させて姿勢を良くし、内蔵下垂が起きないようにしっかりと支えることでぽっこりお腹が解消できるというわけなのです。

 

ぽっこりお腹に効果的な腹式呼吸のポイントとしては、まず姿勢を良くするということ。

立っていても座っていても良いのですが、背筋をピっと伸ばすことが大事です。

そして、ゆっくりと息をふうーっと吐いていきます。

お腹をへこませるようなイメージで、息を全部吐ききります。

息を吐ききると、自然にすーっと大きく息を吸い込むことになると思います。

この際、鼻から息を吸い、肩甲骨あたりが膨らむと同時にお腹が膨らむのを感じるようにしましょう。

 

この呼吸を繰り替えすだけです。息を吐くときはお腹をへこませ、吸うときはお腹を膨らませる、ということをしっかり意識しながら行うと効果的です。

 

コメントは受け付けていません。