ぽっこりお腹の原因と対策について

ぽっこりお腹の原因は脂肪と、筋肉不足による脂肪の垂れ下がりです。

筋肉不足によって支えきれなくなった内臓は重力によって垂れ下がる事になります。

無重力

宇宙のように無重力ではないですからね。

 

また、骨盤の歪みや、姿勢が悪かったり、デスクワークなどが多い人がなってしまう場合が多いです。

骨盤が歪むと、便秘の原因になってしまい、便秘になることで腸に便やガスが貯まることで下っ腹が出てしまいます。

生活習慣の乱れからこのようなことが起きてしまうことが多く、日頃の生活を見直す必要があります。

 

このようなぽっかりお腹を治すためには、腹筋を鍛えることが大切です。

腹筋が弱いとどつしても美しい姿勢をたもつことができなくて、それが原因でぽっこりお腹の原因になってしまいます。

姿勢が悪くて内臓が重力に負けてしまって下がっているので内臓を元の位置に治す必要があります。

元の位置に治すためには膝を曲げて仰向けになり息を吸って、はいたりを繰り返し行います。

これを10回ぐらい行います。

 

1番ぽっこりお腹の解消に効果があるものは自転車こぎ運動です。

寝ながら簡単に行うことができ、結構つらいですが、効果は期待できます。

自転車こぎを早くやるのと遅くやるのでは、効果がある部分が違い、ぽっこりお腹の場合はゆっくり自転車こぎをするのが効果的です。

時間の目安は、2分から5分ぐらい行うのが良いです。

結構きついのでお腹が鍛えられている感じがとてもあり、簡単に行うことができるので、やりやすい運動です。

 

コメントは受け付けていません。