ぽっこりお腹と皮下脂肪の関係は?

皮下脂肪

ぽっこりとしたお腹の中でも洋梨体型と呼ばれるものがあります。

それは皮下脂肪がついているということになります。

皮下脂肪は女性につきやすい脂肪になっていて、一度皮下脂肪がついてしまうと、筋肉を動かさなければ落とすことが難しくなります。

皮下脂肪は皮膚のすぐ下の部分に脂肪がついてしまっている状態です。

そのままにしていると、だんだん蓄積してしまいます。

 

皮下脂肪を減らすことでぽっこりお腹を解消することができます。

皮下脂肪を減らす方法で1番良いのが、有酸素運動と腹筋を毎日行うことです。

この2つの方法を同時に行うことで脂肪燃焼と筋力アップを同時に行うことができるのでかなり効果が期待されます。

また、毎日行うということも大切で、継続的に行うことでぽっこりお腹とも解消することができます。

筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。

腹筋と有酸素運動を同時に行うことで脂肪を効率的に燃やすことができ、効果も期待することができるのです。

 

また、普段の姿勢が悪くて骨盤が歪んでしまってぽっこりお腹になっている可能性もあります。

どうしてもデスクワークが多い仕事だと姿勢が悪くなってしまい、その姿勢の悪い状態で長時間座っていることになるので、骨盤が歪んでしまいます。

姿勢を正すことで骨盤のゆがみもよくなり、ぽっこりお腹を解消することができます。

 

皮下脂肪を減らすと、ぽっこりお腹も解消することができるので、腹筋と有酸素運動を同時に行い、また、姿勢を正すことでぽっこりお腹を解消することにつながります。

 

コメントは受け付けていません。