どうして「ぽっこりお腹」になる??

ぽっこりお腹、どうしてそうなるのか人間の体って不思議ですよね。

年々脂肪がつくのは代謝が落ちるだけでなく加齢や運動不足、甘いものや揚げ物などの食生活のバランスの乱れが大きな原因といえます。

 

1番は、年齢問わず食生活の乱れ、ぽっこりお腹は脂肪や糖分が大好き。

 

たくさん食べ溜めることにより、お腹回りにつく役割を担うのです。

これを全てやめるのではなく、バランスよく野菜を取り入れた工夫をしながら食べるという方法にすればお腹ぽっこりから少しは遠ざかるでしょう。

 

そして運動不足。

運動には、有酸素運動=歩く走るなど。もう一つは無酸素運動=筋肉のトレーニングなど。

下半身強化はエネルギーを燃やし痩せる方向に導いてくれます。

この2つを上手に取り入れることでお腹ぽっこりも解消されます。

歩く=ウォーキングは腕や足を大きく動かすことで燃焼度も変わってきます。

ウォーキング

少し早めのウォーキングで腕をふり行うと効果的かと思います。

人それぞれ、ペースがあるので最初はゆっくりのペースから始めることをおススメします。

慣れてくると体のリズムもわかってくるので、少しずつペースを見計らって少し早めを意識し行うといいでしょう。

 

また、お家の中でもできる筋トレ法。

腹筋やスクワットなどお腹回りを意識して行ってみましょう。

加齢にもよりますが、腹筋力は意外に落ちていくものですし、なかなか普段から鍛えていないと、いざ行った時に腰などを痛めてしまう危険性もあるので少しずつゆっくりと目標回数を決めて行うようにしましょう。

腹筋をすることで体自体も引き締まりますし、お腹ぽっつこりも少しずつ解消されますよ。

 

とにかく毎日の継続と食生活のバランスを上手に組合すことを意識し心がけてみましょうね。

 

コメントは受け付けていません。